Top トップページ Research 研究紹介 Member 構成員 UG Student 課題研究 Journal Club 速報 Seminar セミナー Access アクセス Link リンク Members Only 内部専用

2010

複素スケーリング法を用いた分解断面積の計算方法
松本 琢磨 氏   (北海道ベンチャーシステムラボラトリー)
7月8日(水曜日) 13:30
理学部A棟3階 A314
グラズマ:重イオン衝突直後の物理
板倉 数記 氏  (高エネルギー加速器研究機構)
7月1日(木曜日) 14:40
理学部A棟3階 A314
米国Brookhaven国立研究所のRHIC実験では高エネルギー重イオン衝突によって クォーク・グルオンプラズマ(QGP)を生成させ、その性質が詳しく調べられて いるが、QGPの生成過程についての理解は進んでいない。特に、実験結果から 示唆される非常に早い熱平衡化については、理論側にとって大きな課題の一つ である。
本講演では、そのような重イオン衝突直後の物理を、高エネルギーの極限の立場 から定式化しようとする試みを紹介する。高エネルギー極限では、衝突直前の 原子核は「カラーグラス凝縮」という高密度グルオン状態として記述され、 それが衝突後のグルオン場の時間発展の初期条件を与える。衝突で生成する強い グルオン場は、「グラズマ」と呼ばれている。これは、最終的にQGPになる 過渡的な状態であり、グラスとプラズマから作られた造語である。グラズマの 特徴として、カラーグラス凝縮の初期条件を反映して、衝突軸方向に伸びた カラーフラックス構造が存在する。その構造は揺らぎに対して不安定であり、 それが熱平衡化への最初のステップと考えられる事を指摘する。また、 フラックス構造があることの実験的な証拠についても触れる。
New Dark Left-Right Gauge Model: CDMS and LHC
Ernest Ma 氏  (University of California, Riverside)
4月13日(木曜日) 14:30
理学部A棟3階 A310

過去のセミナー

今年度  2015年度  2014年度  2013年度  2012年度  2011年度  2010年度  2009年度